ヤマエ久野株式会社
IR情報

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、企業情報を適時、適切、公平に開示することにより、経営の透明性を高め、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様の信頼と理解の確保に努めます。

2.情報開示の基準

当社は、金融商品取引法等の関係法令や上場取引所の有価証券上場規程に定める適時開示等に関する規則(以下、「適時開示規則」といいます。)に従って情報開示を行います。また、適時開示規則に該当しない情報についても、ステークホルダーの皆様が当社を理解するうえで有益であると判断した情報は、積極的に開示してまいります。

3.情報開示の方法

適時開示規則に基づき開示が必要となる情報は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて開示します。TDnet開示後、速やかに同一情報を当社ホームページに掲載します。また、適時開示規則に該当しない情報を開示する場合は、適時開示の主旨を踏まえて適切な方法によりできる限り正確かつ公平に当該情報が伝達されるよう配慮します。

4.沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公正性を確保するため、各四半期の決算発表日前約1ヶ月を沈黙期間とし、決算に関する質問への回答、コメントを差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に公表している業績予想と著しく異なる見通しが発生した場合には、適時開示規則に基づき開示することとします。

5.将来情報の取扱い

当社が開示する情報のなかには、将来の計画や見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、これは開示時点での入手可能な情報及び合理的であると当社が判断する一定の前提に基づくものであり、経済情勢等の変化により、実際の業績は計画や見通しと異なる結果となる場合があります。また、計画や見通しは修正されることがあることもあわせてお含みおきください。なお、当社が開示する情報は、当社のIR活動の一環として提示するものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。

6.その他

本ホームページ上での当社の情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャーポリシーのみではなく、別途掲載をしている免責事項も合わせてご参照ください。

ページの先頭へ