Alcoholic beverages
Koushiro Hayata

01

酒類福岡支店 酒類三課早田 孝史郎

Data,
入社年度:2016
卒業学部:農学部

自分の裁量で仕事ができる、
そんな自由さが気に入っています。

生き生きと自分の裁量で働く先輩社員の姿にまず惹かれました。

入社の動機やきっかけは?

大学で催された説明会で初めてヤマエ久野を知り、九州でこれだけモノやお金を動かしている会社があることに驚きました。話を聞く中で、自由な社風と、自分の裁量で仕事ができる点に惹かれて決めました。

それぞれのお客様を満足させる営業スタイルを構築する面白さ、楽しさ。

今の仕事内容について教えてください。

酒類部の中でも、量販店への販売を担当しています。もちろん営業は初めてで、入社当初は酒の知識もありませんでしたが、先輩が丁寧に教えてくれるので不安はありませんでした。入社した年の9月からは得意先を回るようになり、取引先や量販店のお客様に支えてもらいながら何とかここまで来たという感じです。今ではそれぞれのお得意様の立地や地域性、特長を考慮した、商品や棚割りを提案し、お店の売り上げに役立つようなタイムリーな情報提供をし、自分なりの営業スタイルを構築するまでになりました。

流通という、大きな流れの中で、のびのびと仕事をする醍醐味を味わっています。

やりがいを感じることはありますか?

自分の提案した商品が採用され、お客様の売り上げが伸びた時が最高にうれしいです。特にヤマエ久野は焼酎に強く、ほとんどのメーカーと取引がありますので、お客様の要望にはある程度応えられると自負しています。あとは、結局、ふだんからの信頼関係に尽きる。お客様のもとを頻繁に訪ね、相手が求めておられることにすばやく対応し、「こいつに任せたら大丈夫!」と思ってもらえることが、この仕事の醍醐味です。

お客様はもちろんのこと、同僚からの信頼も厚い人に憧れます。

ズバリ、ヤマエ久野の魅力とは?

入社前に先輩から聞いた、自由な社風はその通りでした。仕事をするうえで上司から強制されたりすることはなく、自分が売りたい商品を、自分の裁量で信念をもって提案することができます。その分、責任はこちらにありますが、のびのびと任せてもらえる仕事のやり方は、私にとって、とても心地いいものです。社内にはやさしい人が多く、人間関係のストレスを感じないことも魅力の一つだと思います。それに、流通全体をカバーしているので、そんな大きな流れの中で仕事をするダイナミックさも実感しています。

今後の目標について、聞かせてください。

酒類部の営業のプロになりたいです。部内には、お客様はもちろんのこと、職場からの信頼も厚い、理想の先輩がいます。そういう人を目指したいです。

Message

就職活動する際は、業種は絞らず、できるだけいろんな会社を受けたらいいと思います。その中で、「自分もやりたいな」「面白そうだな」と感じる感覚を大切にしてください。自分の実感を一番頼りにしたらいいと思います。

リクナビより順次エントリー受付中!

エントリー